調べたくてAGAのカウンセリングを受けた

若はげか否か調べたくてAGAのカウンセリングを受けたんです。何故、あんな話し出しになったのか、また若はげを病院で治療したのかどうかも含めて紹介します。

本人は、過去にまずAGA(若はげ)に対する会見に行ったことがあります。ほとんどの場合鏡を見ていて、ずいぶん毛髪が減ってきたような気がしていたのもあり、家族にその異議をしました。

昔に比べると、毛髪は話題減っているというと言われたので、大変目新しい(当時三十年頃過ぎ前置き)のにはげたくないと憧れ、AGAに対する会見に行きました。行った先の素肌科で先生に尋ねた点は二つ。

1つはこちらはAGAにあたる様子なのか、そうしてひいては、AGAだったパック、薬を飲んだほうが良いのかということです。結果から言うと、ボク程度のコンディションまずは、どうにもAGAに当たらないとのことでした。

昔より毛髪が減っているということを伝えましたが、この間まで個々人はバリエーションを取れば取っただけ、自然と毛髪は減っていくそうです。近辺といえば当たり前ですよね。

AGAは、だいたいな他人よりも、その毛髪が鎮まる側がタイプ相当速い様子を示すそうです。確かに、本人は毛髪は減りましたが、見た目で明らかにはげているという程は減っていません、1回、AGAではないことがわかってよかったです。

せっかくなので、AGAの薬についても聞きました。AGAの薬は育毛剤のようなものかと思っていましたが、違うんですね。自分が先生から受けた評価だと、ひとまず、AGAの薬を使うことで男性ホルモンがちょっぴり減少し、抜け毛が減っていく、そうして、その間に真新しい毛が生えてくることで、結果として毛髪が増えた様子になるについてでした。

毛髪を繰り返すというよりは、減らさないように図るという発見でしょうか。AGAの見立てに行く最後、学べることが沢山あって、相当ためになりました。